予防歯科

本当に大切なのは「削る」治療よりも「予防」です!

全身の健康はお口からイメージ

歯の健康を守るために大切なのは「削る」治療よりも「予防」だということは、全身の健康はお口からでご説明した通りです。しかし、いまの日本の「予防」は十分ではありません。事実、先進国と比べるといろいろな点でその穴が見えてきます。


日本の虫歯対策は間違っている?

現在、日本の12歳児の平均虫歯本数は2.64本。10年・20年前よりも少なくなってはいますが、先進国と比べると少ないとは言えません。スウェーデンでは1本以下という数値が出ています。では、なぜこのような差が出ているのか考えてみましょう。日本人は歯磨きをあまりしない? 甘いもののとり過ぎ? その答えは、各国の虫歯対策の違いにありました。

日本以外の先進国のほとんどの水道水にフッ素が入っている!

虫歯の原因は細菌と糖分と歯の質。そして、いままで日本では細菌と糖分を減らす、つまり歯磨きに重点を置いて虫歯対策を行ってきました。それに対し、ほかの先進国では歯質の強化に力を入れ、積極的にフッ素を取り入れて成果をあげてきました。なんと、日本以外の先進国のほとんどの水道水にフッ素が入っていて、なんの努力をしなくても虫歯が予防できるシステムになっているのです。

フッ素洗口で虫歯ゼロ!

最近では日本でもこのことに注目し、水道水のフッ素化は無理でも、フッ素を有効利用して虫歯予防をという自治体も増えてきました。宮崎県でも南郷町・宮崎市の一部、川南町、日向市、北川町では、小学校でのフッ素洗口が導入されています。延岡市では数年前よりフッ素洗口を導入しようとしていますが、一部の方々の反対で小中学校では導入されていません。しかし、最近では多くの幼稚園・保育所では導入されはじめました。また、お隣の大分県佐伯市蒲江町の上入津小学校では15年前から児童のほとんどが戸高歯科へ通い、フッ素洗口を実施している結果、全国平均虫歯保有率1本という中、全生徒が全国平均の半分以下になるという結果を出しています。
特にお子様には、6歳・7歳くらい、生え換わりの歯が生えてくる12歳くらいにフッ素がお勧めです。 もちろん、大人もフッ素のうがいをすることで、歯がつるつるピカピカになります。

乳歯は、虫歯があっても治療しなくもいいってホント?

当院では、進行しない乳歯の虫歯は、治療しなくても大丈夫だと考えています。 それは生え換わるからではなく、フッ素による定期健診を続けている限り、虫歯は進行しない場合があるからです。 もちろん、虫歯の進行の度合いによっては治療が必要な場合もありますが、気になっている方は是非当院へご相談ください。

うまくコントロールすることでフッ素の害はない!

一部の反対派の方はフッ素の害についていろいろな懸念を示しています。確かにフッ素は一度に大量摂取すると中毒を起こしてしまいます。しかし、これはほかのものにも言えることです。たとえば醤油だって、1本丸々飲んでしまえば死んでしまいますが、少量であれば何の問題もありません。フッ素も同じです。きちんとコントロールされた洗口なら何の問題もないのです。実際に、いままでに事故が起きたこともありません。また、ガンになると言われる方もいますが、このことについては因果関係が実証されていません。 いま、市販の歯磨き剤のほとんどにはフッ素が添加されています。また、普段皆さんが食べている食品にもフッ素が入っています。フッ素は人間の体を成す成分の必要元素でもあるのです。イメージだけで決めてしまいフッ素を遠ざけてしまうことは、とてももったいないことだと言えるでしょう。


3ヶ月に1回の定期健診で歯を守る!

何らかのかたちでフッ素による虫歯予防を始めたからといって、安心してはいけません。フッ素はあくまでも虫歯予防の1つ。歯磨きをしなくていいことにはなりません。歯磨きは歯周病予防にも必要な対策です。

また、フッ素の効果を確かめるためにも、歯ぐきのチェックにも定期健診は欠かせません。大人の方もお子さんも、大体3ヶ月に一度は受診してください。特に、お子さんは第一大臼歯が生える6歳前後と、第二大臼歯が生える12~13歳前後は毎月の健診が必要と考えます。

この頃にフッ素を十分に作用させて歯質の強化を図ると、かなり違ってきます。フッ素の利用の仕方はいままでの定期健診の間隔とは違います。
一般的な予防歯科は、「汚れを落とす」ですが、当院は、歯をフッ素でコーティングし、「汚れをつきにくくする」という考えです。
当院オリジナルの定期健診で、お口の健康を守りましょう!


全身に悪影響を与える歯周病

突然死の引き金になることも!!

「歯周病は口のなかだけの病気でしょ」と甘く考える方もいますが、それは危険な考え方です。確かに歯周病はお口の病気ですが、その影響はお口のなかだけに留まりません。近年の研究では、全身に影響を及ぼすことが分かってきました。特に糖尿病とは密接な関係があり、歯周病を患っていると糖尿病になりやすく、症状も進行しやすくなってしまうとされています。また歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり、心臓病や脳梗塞のリスクを高めてしまうという研究結果も出されています。失明や足の切断、さらには突然死の引き金になるともされている歯周病。口だけの病気と考えず、健康維持のためにも歯周病対策に取り組む必要があると言えるでしょう。


「ちゃんと歯みがきしているから大丈夫」は危ない?

歯周病はいまや日本人の成人の約8割が罹患、あるいは予備軍とされている病気。「きちんと歯をみがいているから歯周病のはずがない」という方も安心はできません。それに、実はとても多くの方が自己流の間違った方法で歯をみがいている現状があるのです。たとえば歯ブラシを大きく動かしていませんか? 歯ブラシを大きく動かしていると歯と歯のすき間に毛先が届かず、汚れが溜まってしまいます。みがき残しを防ぐためにも、歯ブラシを小さく動かすことが大切です。当院では歯磨きのアドバイスも行っていますので、気になる方はお気軽にお声掛けください。

歯周病チェックリスト

自覚症状に乏しいため進行しやすい歯周病。もし以下のチェックリストで当てはまるものがあるなら、歯周病のおそれがあります。

  •  歯ぐきから血が出る
  •  歯ぐきが腫れている
  •  朝起きると口のなかがネバネバする
  •  歯が長くなったような気がする
  •  口臭がきつくなった
  •  歯ぐきが赤みを帯びている
  •  歯ぐきを押すとブヨブヨとした感触がある
  •  膿が溜まっている
  •  歯を押すとグラグラと動く

医院コンセプト

  • 全身の健康はお口から
  • 通いたくなる!歯のエステサロン

診療内容

  • 診療案内一覧
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 金属アレルギー
  • 顎関節症

医院紹介

  • 理事長紹介
  • 出版物ご紹介書籍 非常識な歯科医師選び
  • 理事長コラム
  • 院内紹介
  • 自費料金表
  • アクセス

送迎サービスのご案内

よくある質問

お問い合わせ

医療法人社団光洋会 竹尾歯科 南九州中央インプラントセンター

石川町デンタルクリニック

歯医者検索サイト歯科タウン

医療法人社団光洋会 竹尾歯科 院長番組放映中!

職員募集

starwhitening


戸高歯科医院



診療予約はこちら TEL:0982-21-0211インターネット予約システムより24H受付