顎関節症

顎の痛みでお悩みではありませんか?~顎関節症について~

「口を開けようとすると顎が痛い」「顎がカクカクと鳴る」「口が開きにくい」「急に噛み合わせが変化した」というような症状がある場合、 顎関節症が原因となっている可能性が大いにあります。 そのほとんどが筋肉の緊張や左右のバランスが原因と考えられています。これは、寝違えや捻挫と同じように、一時的な症状がほとんどです。こちらでは宮崎県延岡市の歯科医院、竹尾歯科が、顎関節症とその治療について詳しく解説します。

顎関節症とは?

顎関節症とは?

「口を開けようとすると顎が痛い」「顎がカクカクと鳴る」「口が開きにくい」「急に噛み合わせが変化した」というような症状で、 顎の機能が正常に働かなかったり痛みが出たりします。 一般的に原因として「頬杖」「咀嚼筋の異常な緊張」「顎の骨の形成不全」などさまざまなものが挙げられますが、 レントゲンを撮っても分からないため、正確に顎関節症の原因を特定することは難しいのです。

当院で行う顎関節症の治療方法

当院で行う顎関節症の治療方法

当院では、根本的な原因も分からないままマウスピースを入れてみたり、かみ合わせの治療は行いませんし、原因がわからないまま、いきなり歯を削るようなことは致しません。また当院では、顎関節症の原因をさぐり独自のストレッチ法を用いて筋肉の治療を行います。首などの筋肉のコリをほぐすことで脳の血行障害を緩和してから 、かみ合わせの治療を行います。原因を探りながら治療を進めていくので肩こりなどの改善にも効果が期待できます。

噛み合わせと体調の関係

噛み合わせと体調の関係

実は、噛み合わせの乱れが原因で顔がゆがんでしまうこともあります。なぜなら、顎の関節は全身のバランスをとる上で重要な役割を果たしているからです。また首から上の筋肉とも密接に関わっているため、噛み合わせの乱れが頭痛の原因となることも。さらに歯は少しの力でも毎日かけ続けることで動いてしまい、頬杖や片側噛みなどの癖によって歯並びが乱れ、それが顔の歪みにつながることもあります。

裏を返せば、頭痛や腰痛、全身の骨格や顔の歪みが、噛み合わせを整えることで治ってしまうケースも。私たちの体調と噛み合わせは、実に深い関係にあるのです。

お口と身体の関係について

当院では食育と噛み合わせによる健康状態の維持・改善もサポートしています。
食育について

院長とスタッフによる歯科対談

竹尾歯科の特徴

医院内観

診療スケジュール

休診日:日・祝日・木曜、土曜午後
△:09:00~13:00

〒882-0803 宮崎県延岡市大貫町3-970-1